1990年代後半。ロードバイクのフレーム素材がアルミからカーボンへと移行する時代に、DE ROSAはその採用において慎重な姿勢を貫きました。翻って現代におけるロードバイクのディスクブレーキ化。これについて、DE ROSAは攻めの姿勢を崩していません。その先鋒が2013年発表の第三世代IDOLでした。

他社がロードバイクのディスク化に迷いを見せる時代、DE ROSAは市場動向を探るために、いち早く開発に着手して製品化したIDOLのディスクブレーキフレームを販売。一連のムーブメントで得られたデータは、カーボンフレームは言うに及ばず、メタルフレームのディスクブレーキ開発にも活かされました。

また、初代IDOLはプロ用機材としても活躍しましたが、最新のIDOLはカーボンフレームバイクのミッドレンジを担うモデルとしての役割があります。クセのない走りと疲れにくい乗り味は、マルチに使えるオールラウンダーで、ヒルクライムからロングライドまで、ビギナーからベテランまで、安心して使えるバランスが取れたバイクであり、何よりもロードバイクのディスクブレーキ開発に尽力してきたモデルの最新版です。

弓なりが特徴のトップチューブや、フレームの随所に見られる凝った造形の演出も大きな魅力ですが、走る、曲がる、そしてディスクブレーキで「止まる」こと。これこそが最新モデルでありながら、事実、すでに煮詰められていることも、最新のIDOLにおいて最大の魅力です。

完成車/フレーム販売モデル

サイズ43・46・48・51・53・56
カラーPink Glossy
Green Glossy
White Glossy
Red Ruby Glossy
Grey Matt
コンポーネントSHIMANO 105 R7000 11s
ホイールSHIMANO WH-RS170
ハンドル&ステムFSA ACR SYSTEM
BBBB386(86.5x46)
ヘッドセット1-1.5″ to 1-1.5″
完成車価格¥583,000(税込価格)
フレーム価格¥440,000(税込価格)

完成車の仕様は、ハンドル/ステム、コンポーネント/ホイールなどが写真と一部異なります

  • 完成車販売モデルはDE ROSAロゴ入りElite製ボトルケージ・selleITALIA製サドルを標準装備(ペダルは付属しません)
  • 2022年モデルの完成車は在庫限りで終了となります
  • フレーム販売付属パーツ:Fork・Headsets・Seatpost・Through axle
  • 電子式/電動式/メカニカルコンポーネント対応フレーム

ジオメトリー

SIZEL cmBR cmK cmF cmD’°E cmC cmH cmG cmI cmJ cmSTACKREACH
4343.751.749.6911.174°271°3741.296.957.3436.84.850.8337.00
4646.252.951.1611.973°971°6741.297.9258.1536.84.851.6137.83
4848.754.352.6413.573°672°6741.297.7758.0036.84.353.7138.42
5151.156.054.3415.473°73°741.298.7658.7836.84.355.6838.98
5353.857.255.6417.573°73°1741.299.8659.8736.84.357.7139.56
5656.558.857.3219.572°773°3741.2101.1460.9436.84.359.6940.24