Metal Bikes - メタルバイク

NEO PRIMATO

NEO PRIMATO
NEO PRIMATO
Red
Grey
スチールフレームとカーボンフレームの比較。両者を「重量」の軸で比較した場合、一般的にスチールフレームに分が悪いものです。ところが、ひとたびNEO PRIMATOに乗ると、はじめこそ重たく感じるバイクも、いつの間にか意のままに操る自分に気が付くはずです。

素直で極めて安定した操縦性は、たとえ路面のコンディションが悪化しても変わらずライダーをサポート。なぜならフレームの製造理念や製造の手法は1970年代のビルダーが作り上げたレーシングフレームそのもので、基本設計は半世紀前に当時のプロ選手のために作られたもの。NEO PRIMATOはこれにUgoの解釈を加えたモデルなので、いわば、UgoがEddy Merckxのために仕立てたバイクの直系たるフレームを貴方は手にすることができるわけです。

こう考えるとカーボンとの比較は無意味であり、たとえカーボンの性能を大きく凌ぐフレーム素材が出現しようと、スチールのNEO PRIMATOはDE ROSAのベンチマークとして変わりません。彼らがこのモデルを「永遠のフラッグシップ」と呼ぶことは、NEO PRIMATOこそがブランドのプライドを凝縮したDE ROSAを象徴するモデルであると考えるからです。

フレーム販売モデル

SPEC

サイズ(ACCR)47-61 Regular(1cm刻み)
カラー Red
Grey
カスタムカラー
BBBB ITA (70mm)
ヘッドセットThread 1"
フレーム価格本体価格 ¥288,000(税別)
付属パーツFork・Seat Fixing Bolts
オプション スレッドレスカーボンフォーク 本体価格 ¥60,000(税別)

BLACK LABEL

NEO PRIMATOはBLACK LABELです。

GEOMETRY

REGULAR
ACCRcm BRcm Ccm Ecm Fcm Gcm SeatTop
47 51.5 40 75.45 26.5 8.2 57.5 49
48 52 40 75.30 26.5 8.2 57.5 50
49 52 40 75.30 26.5 9.2 57.5 51
50 52.5 40 75.15 26.5 10.2 58 52
51 53 40 75 26.5 10.9 58 53
52 53.5 40.3 74.30 26.5 11.9 58 54
53 54 40.5 74.15 26.5 12.6 58.2 55
54 54.5 40.7 74 26.5 13.6 58.4 56
55 55 40.7 73.50 26.5 14.4 58.6 57
56 56 40.8 73.10 26.5 15.3 59 58
57 56.5 40.8 73 26.5 16.3 59.4 59
58 57.5 40.8 73 26.5 17.2 59.7 60
59 58 40.9 72.50 26.5 18.2 60 61
60 58.5 41 72.45 26.5 19.2 60.3 62
61 59 41.2 72.30 26.5 20.2 60.8 63

※サイズはACCRです。
※SeatTopとはBBの中心からシートチューブ上端までの実測寸法です。