Carbon Bikes - カーボンバイク

PROTOS

PROTOS
Camel
Blue
White
Red
Detail
Detail
Detail
Detail
Detail
第三世代のPROTOS は、歴代のモデルのなかでも、レースシーンにおいてもっとも強い存在感を放ったモデルといえます。2017年のジャパンカップでは、NIPPO Vini Fantini のマルコ・カノラ選手がクリテリウムとロードレースで完全優勝を遂げ、2019 年のジロ・デ・イタリア第3ステージでは、Nippo-Vini Fantini-Faizanè の初山翔選手が144km を単独で逃げ、世界中の注目を集めました。初山選手とPROTOS の姿を配信映像で目にした方も少なくないと思います。このようにPROTOS はプロライダーが使う機材として開発され、2018 年にはディスクブレーキモデルも追加。2019 年は三つのUCIプロコンチネンタルチームに供給されています。レーシングバイクとして理想的な軽量化を実現しつつ、高い剛性に支えられたフレームは鋭い加速性と反応性が自慢で、平地でも山岳でも扱いやすいオールラウンダーです。

また、ダイレクトマウントのブレーキ、70mm 幅のスレッドタイプを採用したBB などは、選手を支えるメカニックのサービス性向上を意識して、選手がレースに集中できる環境をサポートしています。因みに他チームでは多くのクライマーが少しでも軽いバイクを求めて従来のリムブレーキ仕様で臨むなか、初山選手はディスクブレーキのPROTOS でジロ完走を果たしました。

1953 年の創業から蓄積された66 年間の自転車作りの技術や知識は、異なるフレーム素材であっても全てのDE ROSAフレーム設計に活かされています。ゆえに、最新のレース機材であるPROTOS を走らせることは、DEROSA の歴史を背負って走ることと同義です。DE ROSA が育んできたフレーム作りの「黄金比」で生を受けたバイクは、いつの時代もひと際輝きます。その頂点に君臨するのはトップモデル。そう、この時代において、それはPROTOS なのです。

フレーム販売モデル

SPEC

サイズ45・47・49・51・53・55・57・58.5
カラーCamel
Blue
White
Red
BBITA(70mm)
ヘッドセットTaper Headset 1-1/8" to 1-1/4"
フレーム価格(リムブレーキ) 本体価格 ¥695,000(税別)
フレーム価格(ディスクブレーキ) 本体価格 ¥720,000(税別)
付属パーツ Fork・Headsets・Expander・Seatpost・Through axle(PROTOS DISC)

  • 電子式/電動式/メカニカルコンポーネント対応フレーム

GEOMETRY

SLOPE
SIZE BRcm Ccm D° Ecm Fcm Gcm REACHcm STACKcm
45 50.7 40.5 75° 27.0 10.3 57.8 37.1 49.6
47 52.0 40.5 74°50 27.0 11.6 58.3 37.6 51.0
49 53.3 40.6 73°90 27.0 12.7 58.4 38.0 52.3
51 54.6 40.6 73°50 27.0 13.8 58.7 38.5 53.8
53 55.5 40.7 73°30 27.0 14.9 58.8 38.9 55.0
55 56.5 40.7 73° 27.0 16.0 59.3 39.3 56.1
57 57.8 40.8 72°70 27.0 17.6 60.2 39.8 57.7
58.5 59.2 40.8 72°50 27.0 19.5 61.4 40.4 59.5