2020年夏、イタリアはミラノ、Cusano MilaninoのDE ROSAオフィスが模様替えをしました。それまでのミーティングルームは、GEWISSトレインの写真が壁一面にプリントしてありましたが、一転してアバンギャルドなデザインに生まれ変わりました。手がけたのはミラノを起点として活躍するアーティスト、Viper Haze(バイパーヘイズ)。彼は活動や作品をSNSで発信するアーティストで、プロフィールをはじめとした詳細は公開されていない、謎多き人物ですが、彼の目的は都市化で色を失った街に、鮮やかな色をつけること。DE ROSAのレースシーンを象徴するようなオフィスは、Viper Hazeの手によって別物となりました。デザイン(Viper Hazeの言葉を借りれば「落書き」)のコンセプトは「夜景の谷に飛ぶ蛍」。

DE ROSAがViper Hazeと手を結んだのは、彼がミラノのアーティストであり、その将来性を期待しているからに他なりません。DE ROSAは自分たちがミラノのブランドであること、そしてミラネーゼであることに強い誇りを持っています。さらにミラノは世界の流行の発信地でもあり、DE ROSAは自らが生み出した自転車に、必ずミラノの色香を加えます。Viper Hazeとタッグを組むことも、こうした背景があるのです。そしてDE ROSA 2022 COLLECTION、満を持してViper Hazeデザインのモデルがラインアップに加わります。

そのViper Hazeが、MERAKとSK Pininfarinaをカンバスに、彼の世界観を表現したモデルが、2022DE ROSA COLLECTIONのイメージとなります。フレーム上の文字ですが、すべてがViper Hazeによる手書き文字で、事前にデザイン画なども用意されず、何の迷いもなく書き上げたものです。それゆえ同じものはふたつとありません。Viper Hazeが手がけるMERAKとSK Pininfarinaは、DE ROSAの「レトロ・フューチャー」コンセプトの延長線上にあり、最新の彼らを体現したモデルと言えます。

伝統を重んじることはブランドの確固たる軸足。しかし新進気鋭のアーティストと手を取り合う柔軟性を持つことは、新しい時代のDE ROSAの一面。彼らのコンテンツがまたひとつ増えました。

フレーム販売モデル

DE ROSA × Viper Haze  
■MERAK Viper Haze
サイズ43・46・48・50・52・54・56
カラー PSYCHEDELIC BLUE
フレーム価格¥1,100,000(税込価格)
■SK Pininfarina Viper Haze
サイズ46・48・50・52・54・56
カラーCRAZY BLACK
フレーム価格¥990,000(税込価格)