NEWS - ニュース

« Posts under その他

イベント報告 熊本の震災から1年 くまモン誕生祭

熊本地震から1年が経ちました。被災地は確実に復興への道を歩んでいる一方で、未だ不自由な生活に苦しむ人々もいます。サイクリスト目線で言えば、熊本は海あり山ありの素晴らしい環境ですが、正直、いまは自転車どころじゃない人も少なくないでしょう。そんな皆さんに、心から自転車を楽しめる日が早く戻ることをお祈りいたします。

さて、実は震災のために報告を先送りにしていたことがあります。もう1年以上前のことですが「くまモン」のお話です。ふとしたことがきっかけで、くまモンがミラノのDE ROSAを訪問したのが2015年の10月。その流れで翌月の“CYCLEMODE international2015”のDE ROSAブースに遊びにきてくれたくまモン。一連のご縁もあって、翌年、つまり昨年の3月14日に、DE ROSA JAPANは熊本で開催されたあるイベントに招かれていたのでした。そのイベントとは「くまモン誕生祭」。くまモンの誕生は2011年の3月12日で、毎年、同月同日前後の週末に誕生祭が開かれています。つまり県を挙げてのお誕生日会ですな。そして、なぜDE ROSA JAPANが招かれたかというと、CYCLEMODE international2015に関係があります。

くまモン

くまモン

ご記憶にある方もいると思いますが、くまモンがDE ROSAを訪問したとき、DE ROSAから彼にサプライズなプレゼントがありました。それはスペシャルペイントが施された「くまモンNICK」です。しかし、残念ながらくまモンは自転車に乗ることができなかったので、CYCLEMODE international2015のオープン懸賞で一般の方にプレゼントされたのです(大切に乗ってくださっていると思います)。とは言うものの、せっかくのご縁ですし、この超異色コラボレーションを後世に残したい(笑)と思いました。そこで熊本県ブランド推進課の皆さんと相談して、くまモンの活動拠点である、熊本市内の百貨店「鶴屋」さん1階のくまモンスクエアに「2台目のくまモンNICK」を半永久的に展示することになったのです。2台目のくまモンNICKも1台目と同じ仕様。ウーゴさんの直筆サインも入っています。くまモン誕生祭への出席は、くまモンに2台目のNICKを贈呈するためだったのです。

くまモン

くまモン

誕生祭を訪れて、驚いたのがその人気ぶり。くまモンは国内はもとより、東南アジア全域で人気者のようで、外国人の方も多いこと。DE ROSA JAPANとして嬉しかったのは、現地で多くの方に声をかけられたことです。皆さん、CYCLEMODEでプレゼントされたワンオフNICKのことをよくご存知で、もう1台のくまモンNICKをくまモンスクエアに展示することをお知らせすると、一様に大喜びされていました。

くまモン

くまモン

というわけで、もう1年になりますが、熊本市内の鶴屋さんにある「くまモンスクエア」には、2台目のくまモンNICKが展示してあります。(1台目のラッキーな当選者の方、ゴメンなさい。ワンオフじゃなかったのです)もしも熊本を訪れることがあったら、是非ともくまモンスクエアを覗いてみてくださいね。ただし休日は入場制限が出るかもしれません。それほど人気があるのです。くまモン、おそろしや。さすがだな。

くまモンスクエアのHPもご覧ください。館内マップ(楽しみ方)のお宝展示物のコーナーに紹介があります。
https://www.kumamon-sq.jp/

イベント報告 南相馬市 みんなの写真コンテスト DE ROSA賞授与

東日本大震災の復興支援として、ささやかながらDE ROSAが応援を続けている「南相馬市 みんなの写真コンテスト」も2016年で4回目。昨年の12月11日の表彰式に、DE ROSA賞“Milanino Journey”の授与が間に合いませんでしたので、DE ROSA LEVORGに賞品の自転車を載せて、福島県南相馬市まで行ってまいりました。本当は3月11日より前にお渡ししたかったのですが、残念ながらそれは叶いませんでした。

「南相馬市 みんなの写真コンテスト」は、福島県南相馬市にフォーカスして支援活動を続けている「認定NPO法人 フロンティア南相馬」が主催する写真コンテストです。このコンテストは、福島県の相双地区にお住いの方や同地を訪れた方が、ファインダー越しに切り取った日常や、地元への想いを一葉に込めて、相双地区の「いま」を多くの人に知ってもらう願いが込められています。

実は写真コンテストに先立ち、南相馬の子供たちを集め、毎年写真教室が開かれています。子供たちはカメラの操作や写真の撮り方を教わり、写真を撮ることの楽しさや写真を撮ることの意味、そして写真の持つ可能性を学んでいるのだと思います。写真教室の先生はDE ROSAカタログの写真を撮影してくださっている熱田護さん。熱田さんの教え子であるちびっこも「みんなの写真コンテスト」に応募してきます。応募作品のなかには、なんとスマホやガラケーで撮った写真もあります。でもそれでいいのです。それがいいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、2016年のDE ROSA賞ですが、鈴木彩代さんの「輝く海と地元を愛す娘達」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は2016年12月11日の表彰式のひとこま。当時の鈴木さんは高校3年生でした。鈴木さんは写真を撮ることが大好きで、受賞作は構図や光の当たり具合を計算して撮影した力作とのこと。フレーム内のふたりの女の子は鈴木さんご自身とお友達だそうです。後ろ手で作るハートが何とも心憎い。

 

表彰式では愛くるしい高校生だった鈴木さんですが、今回お会いした鈴木さんは立派な社会人になっていました。地元のホテルフロントで働く素敵な女性です。終業後に押しかけ、近くのスーパーの一角をお借りして簡単な授与式を行いました。鈴木さん、たいへんお待たせしました。Milanino Journeyでサイクリングを楽しんでくださいね。この自転車なら何処まででも走っていけますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、こうして毎年写真コンテストの表彰で南相馬を訪れているのですが、欠かさず足を運ぶ地区があります。
それは常磐線の原ノ町駅から海側に4キロほどの渋佐地区。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここも津波の被害を受けました。フクイチからたった30キロのところですから…。
そしてあの日から6年が経ったいまも、巨大な堤防は完成していません。
工事中の30キロ先には未だくすぶり続けるひび割れたフクイチが横たわります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渋佐地区のいまです。
背後には慰霊碑があって、そこにはこの地で15名の尊い命が失われたことが刻まれていました。
その年齢は67歳から95歳。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常磐自動車道の南相馬ICから広野までは、路肩にモニタリングポストの放射線量がデジタル表示されています。南相馬や広野の数値は0.1マイクロシーベルト/時ですが、フクイチ近くの浪江あたりでは3.4マイクロシーベルト/時まで数値が跳ね上がります。この3.4が実際にはどうかというと、欧米に飛行機で飛んだ時に浴びるくらいの数値で、人体にただちに影響があるわけではないそうです。でもこれを目の当たりにすると言葉を失います。

授与式でお世話になったスーパーの社長さんがおっしゃってました。
「自転車のイベントやレースを南相馬に呼べないもんかね」
「 ………… 」

 

被災地は南相馬だけではありませんし、表層的なことだけしか見ていないのかもしれません。でも何かがおかしいのは誰でもわかります。森友学園問題も重要なんだと思います。築地市場移転問題は目の前に迫った東京の大問題です。東京オリンピックも成功させなくてはいけません。…でも、同じくらい、いやもっと大切なものもありますよね。

この地のサイクリストが思いっきりペダルを踏み込める日がくることを祈ります。

イベント報告 南相馬市 みんなの写真コンテスト&表彰式

早春の午後、瞬時に押し寄せた高波から5年と9か月。ちょっとしたご縁から、DE ROSAがささやかながら応援を続ける復興支援のイベントが、今年も温かい空気に包まれて無事に終了しました。福島県・相双地区の「いま」を撮影して応募する「みんなの写真コンテスト」。その応募作品の表彰と展示を行う「みんなの写真展」が昨日、福島県南相馬市の市民情報交流センターで行われました。4回目を迎えた今回も、我々はDE ROSA賞としてMilaninoのJourneyをご用意しました。さて、今年のDE ROSA賞は…。

de-rosa-%e8%b3%9e
鈴木彩代さんの「輝く海と地元を愛す娘達」に決定しました。

%e9%88%b4%e6%9c%a8%e3%81%95%e3%82%93

鈴木彩代さんは市内の高校に通う18歳(あ、17歳かもしれません)。受賞作ですが、実に素晴らしい構図です。砂浜に斜めに突き刺さる空っぽの額縁の中、何を想い、考え、海に目を落とすのか、後ろ姿のふたりの少女。でもしかし、難しい問題は山積みだけど、輝く海も、地元を愛する郷土愛も決して変わらない。そんな力強いメッセージを高い完成度の美しい一葉から感じました。いつの日か、現実という真っ直ぐな額縁の中で、地元の海をバックに微笑む彼女たちの写真をみてみたい、そんな衝動に駆られました。鈴木さん、おめでとうございます。これからも輝く海を、地元の風景や人を撮りつづけてください。そしてMilanino Journeyとともに素敵なサイクリングライフをお過ごしください。それから大事なことがひとつ。自転車の到着まで少しだけお待ちくださいね。(この「少しだけ」がクセものなのですが…)

 

そしてもうひとつ。ちょっとイイ話を聞きましたので記しておきます。皆さん、1年前の「くまモンショック」(笑)はご記憶でしょうか。このくまモンのストーリー、実は後日談があったのです。くまモンがCusano MilaninoのDE ROSAを電撃訪問したのが昨年の10月。翌月のサイクルモードではDE ROSAブースのステージに登場して、圧倒的な存在感を発揮してくれました。実はこの時、南相馬市への訪問をお願いしたところ、くまモンはちゃんと現地を訪れ、ちびっこたちと楽しいひと時を過ごしてくれたのです。こちらがその時の記念写真。ちびっこの顔がよいこと!%e3%81%8f%e3%81%be%e3%83%a2%e3%83%b3%e5%8d%97%e7%9b%b8%e9%a6%ac

そして迎えてしまった2016年4月。熊本地震で現地の惨状に胸を痛めた南相馬の人たちは「みんなでくまモンに恩返しをしよう」と立ち上がり、募金を始めました。この時、先頭に立ったのが南相馬のご当地ヒーロー「相双神旗ディネード」さん。彼らがショッピングセンターなどを回り、募金箱を設置して、集まったたくさんの「気持ち」は熊本県に届けられたそうです。(写真:相双神旗ディネード公式ブログより)
%e7%9b%b8%e5%8f%8c

一連の震災で被災したのは南相馬や熊本県だけではありませんが、小さな活動でも続けることにこのようなアクションは意味があります。DE ROSAとしてもできることは限られますが、小さな活動が大きな意味へと波及することを信じて、これからも陰ながら皆さんを応援したいと思います。だってなによりも、福島も熊本も、自転車乗りには最高の環境なのですから。(写真:宮井正樹)

_mg_0289
なお、コンテストへの応募写真や入賞作品は、南相馬市のイオンスーパーセンター南相馬店の特設会場で展示中です。現実や未来、そして希望。写真一葉に込められた想いの想像を掻き立てるのは、写真に添えられた撮影者のコメントです。毎年記していますが、機会があれば是非とも南相馬まで足を運んでみてください。必ずや感じ入ることがあるはずです。特設会場での展示は12月18日(日)まで。
https://www.aeonsupercenter.co.jp/minamisouma/

DE ROSA トラック日記 Addio

7年間に渡って大活躍したDE ROSAトラックが退役しました。トラック2
全国で行われた各種イベントや試乗会で目にした方も多いと思います。強い存在感を持ったトラックでしたが、ベースは小型トラックの金字塔、ISUZUのELFです。必要に応じて荷室内を2階建てにすることが可能で、極東開発製の良質なパワーゲートのアシストで、積載性能も抜群でした。タイヤは夏も冬もミシュランを装着。2年前に首都圏を襲った大雪で、ミシュランのスタッドレスタイヤが頼もしかったこと!
荷室の下まで覆われたパネルは特注でエアロ効果が高く、高速道路では素晴らしい直進性で運転が快適でした。しかしトラックとしては軽量で、満載された荷物も軽量(軽量な自転車ですからね)。ゆえに横風は苦手で、高所で強い海風にさらされる伊勢湾岸道では怖い思いをしたものです。我々の使い方で、2トンの小型トラックとしては最高の機能を持ったトラックでした。そして運搬以外の用途、広告塔としての存在も一級品でした。

 

 

トラック4レーシングカーに使われるカッティングシートで装飾されたトラックは、我々にとって「日本一のカッティングシート職人」に施工をしてもらったものです。キャビンのドアに等間隔で並ぶCampagnoloの文字は1枚ものではなく、片面約35個の切り文字を1枚1枚貼ったものです。この7年間、ただの一辺も剥がれることはありませんでした。圧巻はバンパーに貼られたミシュランのロゴ。デザイン上、どうしてもロゴの一部がバンパーを固定する丸みを帯びたネジと重なってしまいます。そこはミシュランマンの右手なのですが、神業的テクニックでネジ頭の丸みに合わせて貼りつけてくれました。正直、いちばん初めに剥がれてくると思っていましたが、ここも剥がれることはありませんでした。このテクニックはサイクルモードで販売している「サコッシュセット」同梱のロゴステッカーにも活かされています。そしてこの作業の元を作った人物、それはひとりの女性デザイナーでした。

 

 

 

トラック1トラック導入が決まったとき、そのデザインはDE ROSAとCampagnoloを中心に据えることになりました。それぞれのブランドが持つイメージを上手に融合して、どんな場所でも目立ち、カッコ良く、遊び心もあって、記念写真を写すためにひとが集まってくるようなデザインのトラックがいいなと、我々は考えていました。そんな抽象的なリクエストをデザインに落とし込んでくれたデザイナー。実は有名な自動車雑誌、CG(CAR GRAPHIC)のロゴをデザインした雑誌デザインのデザイナーで、当方のオーダーを喜んで引き受けてくれました。普段は見えにくい荷室の屋根と最前部のパネルにハートがデザインされていたんですよ。彼女は施工現場にも足を運んでくださり、神保町の出版社まで完成報告に行ったときは優しい笑顔で喜んでもらえました。そんな彼女がこの世を去って間もなく3年。2015年クリスマスイブのトラックの退役を、関係者一同複雑な気持ちで迎えたのでした。

今まで可愛がってくれた皆さん、ありがとうございました。

近いうちに新たなトランスポーターをご紹介できるでしょう。

みんなの写真コンテスト2015 表彰式

12月13日日曜日、福島県南相馬市の市民情報交流センターマルチメディアホールにて、「みんなの写真コンテスト2015」表彰式が行われました。コンテストの概要とDE ROSAのかかわりは前項をご覧いただくとして、9月から2か月の間に応募された作品点数は218作品。DE ROSAのカタログで素晴らしい写真を撮影してくださっている熱田護カメラマンをはじめ、多くの方々の優しい気持ちが集まり、南相馬の方々を勇気づけている写真コンテストも今年で3年目。よちよち歩きのちびっこから人生の大ベテランまで、本当にたくさんの方が応募されました。これは写真コンテストに先立ち、毎年の夏、熱田カメラマンが中心となって写真教室を開いているからかもしれません。実際、写真教室で流し撮りを学んだご婦人が、この地区の神事で、馬を追う祭りの相馬野馬追(そうまのまおい)の素晴らしい写真を撮影されて入賞していました。とは言ってもみなさんプロのカメラマンではありません。使用機材がスマートフォン!なんて応募者も多いのです。ゆえにテクニックというよりは、写真に気持ちが乗り移った作品が多いような気がしました。中でも目を惹くのが子供の写真です。どの写真の子供も笑顔が本当に素敵で、そんな写真を見ているだけで胸が熱くなってきます。

写真コンテストの応募全作品は、12月20日(日)まで、イオンスーパーセンター南相馬店フードコート特設会場で展示中です。お近くの方はもちろん、そうでない方々も是非とも足をお運びいただきご覧ください。詳細は認定NPO法人フロンティア南相馬のFACEBOOKページにてご確認ください。
イオンスーパーセンター南相馬店
福島県南相馬市原町区大木戸字金場77
https://www.facebook.com/npoFRONTIERms/?ref=ts&fref=ts

 

さてさて、コンテストの表彰式ですが、実に温かい雰囲気に包まれて進行しました。運営側のみなさんはイベントのプロじゃありません。受賞された皆さんも、当たり前ですが(なんのプロかは別にして)プロじゃありません。最初のうちは見ていてどことなくぎこちないのですが、受賞者のみなさん、若くても老いてもマイクを向けられるとよくしゃべるんです。そして言うことがなんとなく面白い。作品の寸評をする熱田さんと受賞者の皆さんも微妙なかみ合いで、場内の笑いを誘います。だからこの表彰式、見ていて面白いのです。

 

熱田カメラマンの寸評に聞き入るちびっこ受賞者さん

熱田カメラマンの寸評に聞き入るちびっこ受賞者さん

 

とは言うものの、運営側にプロもいらっしゃいます。司会進行役のフリーアナウンサー三井ちさとさん。元ジャイアンツのファイアーガールとのことで元気いっぱい、進行上のトラブルにも即座に対応する機転がさすがプロです。

 

司会進行役のフリーアナウンサー三井ちさとさん

司会進行役のフリーアナウンサー三井ちさとさん

 

DE ROSA 賞 「星降る夜」

DE ROSA 賞 「星降る夜」

 

前置きが長くなりましたが、DE ROSA賞は島 宏幸さま、作品名は「星降る夜」です。撮影日は夜空がきれいな日だったのでしょう。夜空をカンバスに、市内の火力発電所の煙突上部と流れ出る煙をスローシャッターで撮影された一枚です。生憎ご本人が表彰式に出席できず、撮影時のエピソードなどはお聞きできませんでしたが、技術的に素晴らしい一枚としてDE ROSA賞となりました。しかしこれも南相馬の今を表現した1枚です。この写真にも島さんの気持ちが乗り移っているような気がしました。

 

左から熱田カメラマン、認定NPO法人フロンティア南相馬代表草野さん、受賞者島さんのお母様、プレゼンターのお姉さん

左から熱田カメラマン、認定NPO法人フロンティア南相馬代表草野さん、受賞者島さんのお母様、プレゼンターのお姉さん

 

島さんにはDE ROSAからMilanino Journeyが贈られました。ご本人が不在のため、お母様が代理で受け取られました。素敵な自転車ライフをお過ごしください。

 

Cristiano De Rosa氏から届いた優しいビデオメッセージ

Cristiano De Rosa氏から届いた優しいビデオメッセージ

 

表彰式にはDE ROSAからCristiano De Rosa氏のビデオレターも届けられました。「イタリアからフクシマを近くに思っているよ」とメッセージを綴ったCristianoに、来場者の皆さんも感激していました。