NEWS - ニュース

« Posts under サポートチーム/アスリート

東京大学自転車競技部、再び!

東大2 (1)
DE ROSA JAPAN(株式会社 日直商会)は、我が国の自転車競技発展のため、大学生の自転車競技(学連)を応援しています。DE ROSAオーナーの皆さんの中にも、早春の神宮外苑で行われるクリテリウム大会に足を運んでくださった方もいらっしゃるかと思います。そして学連のなかでも、当社が東京大学の自転車競技部に対して、MICHELINのタイヤやTacxのトレーナーで機材サポートをしている事実をご存知の方もいらっしゃるかと思います。では、かつて東大の選手がDE ROSAで戦っていた事実を覚えてらっしゃる方はどれくらいいるでしょうか。ま、かつてと言っても5年前なんですけどね。限られた台数でしたが2011年のニューモデル“R848”で機材サポートを行っていましたが、時は流れて2016年。我々も東京大学自転車競技部も気になっていたことがありました。DE ROSA2016年のニューモデルであるNick、そのSilver Blue Mattカラーが、まるであつらえたように、東京大学のジャージにドンピシャなのです。

近年の東大自転車競技部、選手たちの活躍は頼もしい限りです。とても効率的なトレーニングで文武両道を地で行く選手達には心から尊敬します。現在はブリヂストンアンカーで活躍する西園選手、シマノレーシングで走った安井さんは2012年の全日本学生選手権TTで優勝(ちなみに安井さん、この時はKING RSで栄冠を勝ち取りました)。そして昨年の浦選手は学生選手権個人ロードで優勝。そんな彼らの活動を用品部品でサポートしてきた弊社ですが、このたび学連3年目、3名の選手に、2016シーズンをNickで戦ってもらうことになりました。写真左から貫名選手、主将の秋山選手、金子選手です。少々緊張した面持で、安田講堂の前で撮影した写真が送られてきましたので紹介しちゃいましょう。

彼らのNickデビュー戦は、4月29日の全日本学生選手権クリテリウム(滋賀県東近江市)、4月30日の全日本学生RCS第一戦菜の花飯山ラウンド(長野県飯山市)です。5月15日の全日本学生RCS第二戦修善寺オープンロード(静岡県伊豆市)では3選手揃って出場とのことで、DE ROSA JAPANもプレッシャーをかける、もとい、応援のために駆けつける予定です。ジャージとフレームカラーがマッチすることはともかく、DE ROSAで活躍する東大生の姿を、日本中のDE ROSAファンに応援していただくとともに、学生の競技を機材で支えることによって、我が国の自転車文化発展に微力ながら貢献したいと思っています。5年前のR848では、選手の皆さんの活躍をお伝えする準備が不足していましたが今は違います。選手の皆さんの活躍は随時FB等にて紹介しますのでお楽しみに。

東京大学自転車競技部への応援、よろしくお願いいたします!

Silver Blue Matt

NIPPO Vini Fantini 情報 チームプレゼンテーション

10906392_425993427552784_8781445386465049869_n

FBページでもお知らせした通り、1月10日にイタリアのオルトーナでNIPPO Vini Fantiniのチームプレゼンテーションが行われました。今季注目のチームプレゼンだけに、多数のゲストやメディアが集まったプレゼンテーションでした。なかでもチームのエース、そしてキャプテンとして迎えられたダミアーノ・クネゴ選手への注目度は相当なものだったようです。もちろん、今後DE ROSA JAPANがお伝えする様々な情報や、2016年モデルの情報をお届けするときにも、クネゴ選手は外せません。さて、どのような形での登場になるでしょうか。どうぞご期待ください。

そしてクネゴ選手と同じくらい、注目したい選手がいることを紹介せずにはいられません。その選手とは、PROTOSに乗ってプロ選手としてのキャリアをスタートさせるアントニオ・ニーバリ選手です。彼は昨年のツール・ド・フランス覇者、ヴィンチェンツォ・ニーバリの弟さん。チームプレゼンではツールウイナーのお兄さんも登場して会場を沸かせました。弟の門出を祝福するために駆けつけたアスタナのエース、ヴィンチェンツォ・ニーバリ選手ですが、スーパースターの名を聞いて、昨年の7月、Ugoさんとの雑談で聞いた話を思いだしたのです。

TAK_3978

2015年カタログの撮影で、ひととおりUgoさんへの取材を終えた後、Ugoさんが切り出しました。
「ほれ、ニーバリ君がいるじゃろ。彼はな、最初はウチの自転車に乗ってくれていたんだよ」
え!? あのニーバリ選手がですか?
「うむ、彼はシチリア出身でな、向こうにはチームが無いからロンバルディアのアマチュアチームに入って、しばらくの間、KINGに乗ってくれてな。ここにも良く来てくれたんじゃよ」
ここでベテランのスタッフ、Giovanniさん登場。
「下りが速いって、すごく気に入っていたぜ。ジオメトリで差が出てるんじゃないかって言ってたな。世界選手権もKINGで出てたはずだよ」
※UgoさんもGiovanniさんもイタリア語でお話しされています。

ニーバリ選手、プロ選手になった後もKINGに乗り続けたかったようですが、流石にそれは成りませんでした。しかしそんなDE ROSAとの繋がりのあるツール覇者の弟が、DE ROSAでプロ選手としてのキャリアをスタートさせる。こうしてDE ROSAの歴史は上書きされ続けていくと実感した次第。ゆえにアントニオ・ニーバリ選手にも大注目したいのです。

ニーバリ兄弟の写真はCYCLE SPORTS.jpの編集長ナカジこと中島さんが現地で撮影されたものです。CYCLE SPORTSの本誌4月号(2月20日発売)では、中島さんが現地で取材されたチームプレゼンテーションの様子やクネゴ選手へのインタビューなど、盛りだくさんの内容が予定されています。特にクネゴ選手のインタビューは興味深いものですよ。嗚呼、さわりでも書きたいけど書けません。一か月後をお楽しみに。

 

F1_1421343324さて、チームの2015年初戦は本日1月19日。南米アルゼンチンで行われる「ツール・ド・サンルイス」に出場します。シーズン初戦にしていきなり7日間のステージレース。しかも6つのUCIプロチーム、7つのプロコンチネンタルチームが出場するレースで、ハイレベルな展開が予想されます。我らがNIPPO Vini Fantini 出場6選手の活躍に期待しましょう!
ツール・ド・サンルイス直前情報(NIPPO Vini Fantini公式サイト)
http://www.nippo-c.co.jp/teamnippo2014/topics/topics.php?id=5368854b8c36cddee5

 

最新情報はDE ROSA JAPAN のFACEBOOKでも更新中です。

 

トライアスリート加藤友里恵選手 個人とミックスリレーで金メダル獲得

CIMG2422DE ROSA JAPAN が応援するトライアスリート、加藤友里恵選手。成長著しい加藤選手が11月15日、タイのプーケットで行われた「アジアビーチゲームズ」のデュアスロンで、個人とミックスリレー競技において、ともに金メダルを受賞しました! 気温36℃、湿度が70%に達するプーケットでの過酷なレースは、熱中症になる選手も続出。しかしコンディションも良好だった加藤選手、このレースは勝ちを狙っていました。早めに仕掛けるレース運びで逃げが決まり、見事に優勝。このレースで加藤選手は今年の全日程を終了。有終の美を飾りました。

バイクパートをR838で走り抜けた今年の加藤選手。来季の相棒はPLANETです! 現在27歳の加藤選手は、競技者として正に、これから脂が乗るところ。最近スイムが好調ということですが、来季はバイクパートでも魅せてくれることでしょう。来年は2016年のリオオリンピックの選考において重要な1年となります。2年後のリオ、そして4年後の東京を目指して、DE ROSAとともに世界を駆け抜けて欲しいものです。今後の加藤選手の活躍は、当サイトならびにDE ROSA JAPAN のFACEBOOKページでもお知らせします。

2014世界トライアスロンシリーズ 横浜大会

DE ROSA JAPANがサポートするトライアスロン選手、加藤友里恵。昨年からメキメキと頭角を現し、今年も世界各地で行われた大会で好成績を収め、将来が楽しみな加藤選手が上向いた調子で迎える明日の横浜大会は、トライアスロン世界最高峰の大会、世界トライアスロンシリーズ第3戦。各国のオリンピック(リオ)選考ポイントが付く初っ端のレースということもあり、世界選手権大会並みのトップ選手が集結しています。好調な加藤選手はエリート選手としての出場権を獲得し、世界の強豪と戦う初の大会となります。

その加藤選手、バイクパートの相棒はDE ROSA R838 Black Yellow Flou カラー。注目はやはりバイクパートです。大柄な外国人選手に交じって、しなやかに、けれど力強く、ポジションを上げてゆく(に違いない)加藤選手に大いなる応援をお願いします! そして何と言ってもこの大会は生中継。トライアスロンを走るDE ROSAをリアルタイムで見るチャンスです。お近くの方は是非ともナマで観戦を。スタート・フィニッシュは山下公園です。

http://www1.nhk.or.jp/sports2/etc/index.html

放送日:5月17日(土)NHK BS1   放送時間:午前10:00~午後3時10分(女子スタートは10:06)

加藤選手